uk53diary

日々の生活と音楽活動つれづれ

久々に映画「BANDAGE」を観た

f:id:uk53hate:20180509205544j:plain

 

何気に一番好きな邦画だな。

 

分かりやすく説明すると、

僕の感想としては

まったり→崩壊→再生を描いた

映画ですね。

 

90年代のバンドを描いた映画ですが、

赤西くんの歌声好きで、いまだに

LANDSの曲、たまに聴きます。

 

しっかし映画とかドラマとか

不思議なもんで、その観た当時は

気に留めてなかったシーンが

今また観ると「こりゃあ響くわ!」

っていうのがある。

 

最初に観たときは、赤西くんと

北乃きいさんの悲しすぎるシーンで

涙したのと、ラストの希望が

見えて終わるシーンで泣いたな。

 

だが今日はバンドが崩壊する直前

キーボードのアルミがナツ(赤西くん)

に向けて言ったシーンが響いたな。

「あんたは全部が遊び、中途半端

なんだよ!」という・・・

 

まるで自分に言われているような

気持ちになりましたね。

 

まあまえの職場ゆるかったところ

多々あったし、僕自身なるべく

ちゃんとしよう!と思っていても

いまだ楽な方に逃げたりってあるし。

 

人間完璧ではないけど、まえの

ブラック会社の中で仕事をやりながら

「プロ意識」って持ってやってた

つもりだけども、これから新たな

会社に転職するうえで、その

「自分なりのプロ意識」が通用する

かは分からないからなあ・・・

 

まだまだ自分はゆるいし、ダメだな

ってところが多々あるので、

そこは気合入れて臨まないとな。

 

などと・・・自分に言われてる気に

なりましたね(笑)

 

しっかしこの映画の北乃きいさん

天使っすね!!いやマジで(笑)

 

終わりの方のナツがベッドに

寝てて起きたら、ベッドに

北乃きいさん座ってて、

「あれ?なんでいるの?」

「心配だったから・・・」

 

いやいやいや!マジすか!

オレ、そんなんあったら

その場で死んでもいいわ!!

クソマジで!!

 

そんなわけで最初のまったり

具合も心地よいし、

途中の崩壊、

ラストの再生、と良い映画だと

思います。

 

余談ですが、最近北乃きいって

見ないなあ~

 

などと思ってたら日曜かな?

ラソンの番組?で久々に見た

いっときの激太りよりは痩せてた

けども、その番組で自分から

「私はストレスを溜めやすい」と

言っていたな。

 

多分それが激太りに繋がったんだろうな。

確かに芸能界は特殊だろうし、

ストレス溜まったりとか、あるだろうなあ。

 

しかし再び最後にBANDAGE北乃きい

さんは天使だった!これは言いたい!